骨盤矯正

兵庫県 伊丹市近辺で出産後の体の悩み(特に下半身の悩み)でお困りの女性の方、当院の産後矯正施術をしませんか?
えっ!?こんなに楽に治るの!? 痛みの全くない骨盤矯正! 根本の原因から改善します。
美容のための骨盤矯正・産後矯正を得意としています。骨、そして体の内側からキレイに美しくなります。

ひとつでも当てはまっていたら骨盤がずれている可能性がかなり高いです!

  • 産後のぽっこりお腹や腰痛でお悩みの方
  • スカート・パンツをはく時に骨盤で当たってはきにくい方
  • ピタッとしたパンツをはいた時、腰骨がずれて痛い方
  • 靴のかかとが斜め(内か外)に減っている方
  • ウエストの位置が左右で違っている方
  • 歩いているうちに、スカートが右か左に回ってしまう方
  • 仰向けに寝ると床とウエストの間に隙間が出来る方
  • O脚の方

産後の方の悩みと症状は次の通りです!

出産後のむくみや冷えが気になっています。
産後、下半身太りの体型になってしまいました。
産後の骨盤の開きが気になっています。
産後の体重が戻らなくて困っています。
妊娠中からの腰痛が産後も続いています。

実は、骨盤のゆがみが
ウエスト・ヒップのサイズ、下半身太りにつながっているのです!

出産や座り方などで、骨盤が歪んで骨盤が開いた状態のままになると、
ヒップが横に広がって四角くなります。そうするとウエスト・ヒップともボテッとして感じで太くなります。
それが原因で、重心が外側(O脚)になります。

当院の骨盤矯正治療

骨盤が歪むと、腰痛、生理痛、生理不順、過食、倦怠感、猫背、頭痛、肩こりなど、多くの症状に悩まされ、呼吸器系や循環器系にまで影響を及ぼします。

骨盤矯正は一般的な食事制限や運動を主体としたダイエットではなく、体の歪みを正すことで、痩せやすい状態にする大変健康的な手法です。 開いた骨盤や、広がった腹筋を正す(内側に締める)ことで、内臓も正常な位置で機能し、疲れにくく、痩せやすい体質に改善することができます。
骨盤が正常な可動範囲で動くことで骨盤周りの筋肉の血行が良くなり、基礎代謝が上がり、痩せやすい体へ導きます。

当院では、患者様の体に負担が少なくなるように骨盤矯正専用「トムソンベッド」を導入しております。

骨盤矯正の患者様の声を聞いてみる

■出産したら痛みが出た…中々体型が戻らない それは出産後の骨盤が原因です

カイロ・整体治療

皆さんこんにちは!

JR伊丹駅から徒歩10分のサンロード商店街の中にある、みやび鍼灸整骨院伊丹院の院長をしております小嶋です!!

今回は『産後の骨盤』についてお話しします!

皆さんは、

◯ 出産後今までとは違う痛みがでる

◯ 出産後今までの症状が強くなる

◯ なかなか体型が戻らない

◯ 体重が減らない

などと悩んだ事はありませんか?

上記の事が起きる原因は産後の骨盤なのです!

 

<産後の骨盤とは>

まず産前と産後では骨盤の開きが変わってくるのです!

骨盤が歪んでしまう最大の理由は、上記のイラストのように出産時に骨盤が大きく開くためです。
通常であれば歪んでしまった骨盤は、本来インナーマッスルやホルモン等の働きにより元の状態に戻っていきます。

しかし、妊娠中は身体の重心が変わることで歩き方も変わってしまい、骨盤を支える筋肉のバランスが崩れやすくなっています。

また、妊娠後期に分泌されるリラキシンというホルモンには、骨盤の靭帯をゆるめる作用があり、出産前後は骨盤が非常にずれやすい状態にあります。

そんな中、子育てや家事、職場復帰などの日常生活に戻ることで、骨盤の歪みはますます強くなっていきます。

これが、産後に骨盤が歪んでしまう大きな理由です。

 

<産後で起きる事>

特に産後は骨盤が開くことにより様々な事が起きます

○ 以前まで履けていたズボンが履けなくなった

○ 骨盤がずれている感じがする

○ 以前まであった痛みがキツくなった

○ 股関節が硬くなった

○ 脚がむくみやすくなった

○ ウエストが中々減らない

などさまざまな症状を呈します!

 

<産後になかなか骨盤が元に戻らない理由>

骨盤の歪みは、生活リズムの変化や運動不足にも大きく影響され

例えば、子育てが始まり、子供を抱っこする時間が長くなると、背骨や骨盤の正しい位置の維持が因難になり、抱っこクセができ、片方の腕ばかりで抱っこをしてしまうと、さらに歪みが進行します。

子育てをしながら家事や仕事に励むという状況が、治療に集中する時間が取れない要因にもなっており、症状の悪化につながっていくのです。

 

<産後に骨盤矯正をする必要性>

妊娠・出産と大きな負担がかかっていた骨盤に産後は育児による疲労などが重なっていき、痛みなどの症状が出やすい状態になりやすいため、骨盤を正常な位置に戻していくことが必要だと考えられ、産後1,2ヶ月ぐらい経過してから腰痛・尾てい骨のあたりの痛み・恥骨あたりの痛み・股関節周囲の痛みなどを経験される方が多く、これらの諸症状は骨盤矯正をすることで解消されていきます。 また産後で授乳をされている方は産前の体型に戻したり、体重を落としたりサイズダウンしたりすることが通常よりも格段に早く改善しやすいのでこの期間を有効に使われることをおススメします。

 

<産後矯正をするのに良い期間>

出産後の1~2ヶ月の間は、体力回復期問で、骨盤はとても不安定な状態です。

その間に、産後の骨盤に刺激を与えることは望ましくないので、自然分娩の方は2ヶ月後から、帝王切開の方は3ヶ月後からが産後の骨盤矯正をスタートする適切な時期となっており、妊娠期間中に分泌されるリラキシンには、間接を柔らかくする作用があるため、リラキシンが作用している期間にしっかりと矯正を行うことで、より高い効果が期待できるのです。

産後1年以上が経過している方でも、骨盤が開いたまま固定してしまっている方も多くいらっしゃいます。ポッコリおなかが気になる方や、産後に腰痛になりやすくなったという方は、いまからでも産後骨盤矯正を受けることを強くお勧めいたします。

 

<当院の骨盤矯正とは?>

STEP1

まず問診を行いその際に姿勢の確認や動作時の確認などを行い産後の骨盤がどのように歪んでいるのか?

なぜ痛みや違和感が出ているのか原因を探していき、

その後、歪みに対して矯正を行うだけではなく、歪みの原因部分に対しての筋肉の調整や、姿勢を改善するため、日常生活での過ごし方も指導させて頂きます!

 

STEP2

施術後に歪みが改善しても、今まで通りの身体の使い方をしてしまったり、定期的な施術が受けられなかったりすると、再び歪みが戻ってしまいます。

その為、産後は骨盤が開いた状態が続いてしまう事により歪みが生じ痛みや違和感が出るため、矯正後は歪みが元に戻らないようしっかりと固定していく筋肉を当院では鍛えていきます!

特に産後の骨盤矯正後固定する為に筋力を鍛えていくのか重要とされていますが骨盤周りの筋肉は鍛え辛くて有名で、中には運動が嫌い、中々長続きしない、どうしたら鍛えられるかなど思っている方もいると思います!

そんな人の為に当院では

寝ているだけで効率良く筋肉を鍛える事ができる機械を導入しております!個人差がありますが今まで実施した人には

1回で2cmウエストが減った

1ヶ月やって6cmウエストが減ったといった方もおられます!!

しかし、初めにお話をしたようにしっかりと固定できるように筋肉を鍛えていきますので継続していく必要はありますが、継続していく事で症状の変化やウエストは改善していきます!

当院では症状が今後起きないよう日常生活や仕事の影響からも考え仕事復帰や日常生活で違和感が出ないようにしっかりと治していく事をお勧めしております!産後の矯正では姿勢をみる事で根本から治療していく上でとても重要な情報となってきます。ですので、問診時に併せて確認させていただき治療に役立てていきます!!

今までは産後=骨盤矯正というイメージを持っておられる方が多かったと思います。

もちろん骨盤矯正は必要ですが、それだけでは根本の解決とは言い難く、矯正後の筋力強化でしっかりと骨盤を引き締めるのが根本からの治療と言えるでしょう。私たちは今現在の症状が何故起こってしまったのかを考え、産前の症状と産後の症状の変化も確認させて頂きその原因に対して治療を行うことで今後も辛い症状に悩まなくてもいいお身体を目指していきたいと思います!!

気になる事や一度試してみたいという方は一度ご相談下さいね!

 

みやび鍼灸整骨院
〒664-0851 兵庫県伊丹市中央4−5−10
072−779−8878
当院では予約優先制を実施しておりますので、是非お電話をお待ちしております!!!

■なかなか相談しにくい尿漏れ、何とか改善したいという方は伊丹駅徒歩7分みやび整骨院へ

新着情報

女性の悩みで、相談しにくい症状として[尿漏れ]の話を今日はさせていただきます。

私たちの骨盤の底にある、骨盤底筋という筋肉が弱ったことによって尿もれが起こります。
骨盤底筋が健康な状態であれば、お腹に力がかかっても骨盤底筋の組織が反射的に尿道口を締め、尿もれを防ぎます。
尿もれは骨盤底筋がゆるんでいるサインとも言えます。

次に分類ですが、女性に多い尿もれのタイプとは、

せきやくしゃみをした時、階段を駆け降りた時など、尿意がないのにお腹に力を入れた時に起こる尿もれを「腹圧性尿失禁」といい、高齢者を除けば、女性で最もよくみられる尿もれのタイプです。

もうひとつの代表的な女性の尿もれタイプとしてあるのが、特に年齢とともに重要性を増す「切迫性尿失禁」です。尿意を感じて、急いでトイレに向かっても、間に合わずにもれてしまうケースがこれに当たります。

悪化の原因の習慣がおしっこをする時、お腹に強い力を入れて、腹筋の力でおしっこを絞り出している。
尿意を感じないのに、何度もトイレへ行く。
おしっこが出終わっても、さらにいきんで尿が残っていないか確認する。
便秘気味の人が、毎日トイレでいきむ。

 

おしっこをする時は、骨盤底の力を抜いてスムーズに出すことが大切です。

その機能を上げ尿漏れを起こさない治療として、当院では骨盤低筋を鍛えることと、正常な動きにするためにEMS治療を取り入れてます。

勿論、効果は老若男女出せる治療なので、お困りの方は是非お問い合わせください!

 

 

 

みやび整骨院
〒664-0851 兵庫県伊丹市中央4−5−10
072−779−8878
当院では予約優先制を実施しておりますので、是非お電話をお待ちしております!!!

お問い合せ

月~土 午前 9:00~12:30 午後 15:00~19:30
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ