2020/08/07
放っておくと危ない肩の痛み、あなたのその肩、実は五十肩なのでは・・・

皆さんこんにちは!

JR伊丹駅から徒歩10分のサンロード商店街の中にある、みやび整骨院伊丹院の院長をしております小嶋です!!

今回は『五十肩と体の歪み』についてお話しします!

皆さんは、日常での肩の痛み、夜肩が疼いて寝れないなど困ってはいないでしょうか?

痛みが全然良くならないからもう治らない、一生付き合わないといけないなどあきらめてしまっている人も多くないと思います!

しかしそのまま放置しているのは極めて危険です!!!

「もう治らないんじゃないの??」

そう思ったそこのあなた!!なぜ危険なのか今からご説明しますね!!!

 

<五十肩とは>

五十肩(肩関節周囲炎)とは、肩の関節が痛んで関節の動きが悪くなる病気で、四十肩と呼ばれることもあります。中年以降の特に50歳代の患者さんが多く、患者さんによって原因や症状はさまざまですが、多くの場合シャツを着るときや棚の上のものを取ろうとしたりするなど、生活動作の中で肩の関節を動かしたときに激しい痛みを感じる運動痛や、夜中に肩にズキズキとした痛みを感じてひどいときには眠れないなどの夜間痛があります。年齢を重ねることで、肩の関節を作っている骨や軟骨、靭帯や腱などに炎症が起きることが主な原因だといわれており、その後炎症が治まるのに合わせて痛みも軽くなるが、炎症によって肩の関節とその周辺がくっついてしまうと関節の動きが悪くなることもあります。

 

<五十肩の原因>

五十肩(肩関節周囲炎)は加齢によって肩の関節をつくっている骨や軟骨や靭帯、腱などが硬くなり、組織が炎症を起こして発症することが多いのが特徴です。発症する肩は利き腕とは関係がなく、左右どちらかの肩に起こり、両方の肩が同時に発症することはほぼないですが、片方の肩が発症した後にもう片方の肩が痛くなることはあるので注意が必要です。炎症を起こした肩の関節の中で、組織が癒着してしまうとさらに動かしづらくなり、痛みのため肩が動かせず、肩の周りの筋肉や靭帯の血行が悪くなり、肩の関節が硬くなり動かすことが難しくなる場合が多いです。

 

<五十肩の症状>

1、肩を水平の位置まで上げるのが精一杯または上がらない

2、朝起きた時に肩の痛みが強い

3、夜寝ていると疼いて眠れない

4、夜寝返りを打った際に肩の痛みで目が覚める

5、肩の痛みで上着を着たり脱いだりするのが辛い

などです!!

 

 

<五十肩に対する治療>

五十肩は痛みの度合いや動きの悪さで治療法が異なります!

①  疼痛痙縮期

痛みが出始めた頃には特に炎症がキツく夜間痛や衣類の着脱が一番困難な時期になります

この場合まず炎症を抑えるため2週間から12週間ほ動きの制限、炎症を抑える為に治療していく必要があります!

② 拘縮期

3ヶ月から12ヶ月経つと徐々に炎症も治り痛みが少しずつ軽快してきますが腕や背中周りの筋肉が拘縮し、日常動作での動きが制限されるので無理に動かさずに少しずつ動きを出す為にストレッチや軽い運動を入れていきます!

⚠︎炎症が収まってすぐ無理に動かした場合、収まっていた炎症がまた発症する可能性があるため気をつける

③ 回復期

徐々に拘縮がなくなってくると肩の動きや夜間痛も改善してきますが姿勢の悪さや筋力低下が原因で肩に負担がかかってしまう為今後再発しない為には

「姿勢の改善」+「筋力強化」が必要となっています!

勿論、肩の動きを出す為に筋肉を緩めていかないといけません。

 

<五十肩と体の歪みの関係性とは?>

肩を動かす際に皆さんは「肩甲上腕リズム」と言う動きのメカニズムがあるのはご存知でしょうか?

正常な肩関節の動作が行われる場合、腕上げる際に上腕骨という腕の骨と肩甲骨がそれぞれ「上腕骨:肩甲骨=2:1」の割合で動くと筋肉や関節に負担が少ないと言われています!

背中が丸くなって歪んでしまうと骨の配列が悪くなり、背中の筋肉が通常よりも負担がかかったり硬くなりやすくなってしまうのです!

そうすると腕を上げる際に肩甲骨が動かなくなり、上腕骨だけで腕を上げてしまう事になりそれを何度も繰り返すと、肩甲骨が動かず腕だけで動かしているので関節にばかり負担がかかってしまい五十肩へと移行してしまうのです!

 

そのため「姿勢を良くする」事は今後症状を再発しない為にとっても重要になっています!

姿勢が整ってきていても腕を上げる際の負担も減らしてあげる必要があるので、並行して「筋力強化」もしていく必要があります。

 

 

五十肩は関節からくる症状なので上記でも記載した通り治療期間が長くかかる疾患です!

しかし、治療せずに放っておくと

◯ 腕が上がらない

◯ 何もしてなくても痛みがでる

◯ 腕が細くなる

◯ 体が段々と丸くなるなど

痛みを庇って他に症状が出たり、日常生活を行うだけでも不便になるなどのリスクがあるので、必ず治療しないといけないと言えるほどの症状になっています。

 

 

当院では今後症状が起きないよう日常生活や仕事の影響なども考え、原因からしっかりと治していく事をお勧めしております!

姿勢を診る事は根本から治療していく上でとても重要な情報となってきます。ですので、問診時に併せて確認させていただき治療に役立てていきます!!

当院では、しっかりと原因となっている歪みからしっかりと治していくための治療も行っておりますので、

・ご自身の姿勢が気になる

・今まであった症状とおさらばしたい

・今後症状を出したくない

と行った方は是非一度ご来院して頂けたらと思っております!!

 

今まで私たちが診てきた患者様は、そこまで五十肩が酷い症状だというイメージを持っておられる方は少なく、結果として治療のタイミングが遅れてしまうケースも多々ありました!

「肩を動かしたらいいや」

「腕まわり軽く揉んでたらいいや」と考えていた人もいると思います。

もちろんマッサージも非常に有効な方法ですが、それだけでは根本の解決とは言い難いと思います。私たちは今現在の症状が何故起こってしまったのかを考え、その原因に対して治療を行うことで今後も辛い症状に悩まなくてもいいお身体を目指していきたいと考えております!!

 

少しでもお悩みの症状がありましたら、ぜひ一度当院にご相談くださいね!!

 

みやび鍼灸整骨院
〒664-0851 兵庫県伊丹市中央4−5−10
072−779−8878
当院では予約優先制を実施しておりますので、是非お電話をお待ちしております!!!